虎ノ門の歯医者【加茂歯科医院】女医 虎ノ門駅徒歩4分

虎ノ門駅 3番出口 徒歩4分 / 東京都港区虎ノ門2-3-17 虎ノ門二丁目タワー

午前10:00~13:00 午後14:00~18:00 休診:土曜・日曜・祝日

カモシカコラム
Column

  • 診療案内
  • 一般・小児歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • マウスピース矯正
  • バネの無い入れ歯
  • インプラント
  • 噛み合わせ・歯ぎしり
  • 親知らずの抜歯・口腔外科
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 口腔がん検診
  • 衛生士による予防指導
  • 精密な治療・診断のための歯科用CT

カモシカblog

舌磨きでコロナ予防

2020年05月14日 木曜日

新型コロナウィルスは、『舌磨き』をすることでそのリスクを減らせる可能性があることを、鶴見大学歯学部の花田信弘教授が提言されています。
皆さんは、新型コロナウィルス感染症が飛沫感染や接触感染でうつるということはすでにご存知かと思います。
つまり感染者の場合、唾液を作る唾液腺にはたくさんのウィルスがいるのです。
花田教授によると、実行再生産数を低下させるには、飛沫感染の原因である唾液のウィルスを殺菌力のある洗口剤で常に失活させることが大切だとおっしゃています。
そして、新型コロナウィルスのくっつくACE2受容体は、唾液腺だけでなく口腔粘膜と舌にあるため、舌磨きでウィルスにより死滅した細胞と生きたウィルスの除去が大切だともおっしゃっています。
皆さんの舌は何色ですか?
薄いピンク色ですか?
舌の表面が白い場合は、舌苔(ぜったい)と言われている細菌や食べカスや死んだ粘膜のカスが付着している可能性があります。
歯磨きの時に舌苔も取り除きましょう。
やり方は簡単! 市販されている舌磨き用のブラシやシリコンでできた用具で、優しく奥から手前へ汚れをかき出すようにしてください。
当院では、器具の衛生面からもブラシよりもシリコンで取り除くことをお勧めしています。

桜   桜

 

コロナに感染したらどうしよう…とか在宅勤務で、家でもリラックスできないないなんてことはありませんか?
それらのストレスによって、交感神経が優位になっている状態が続くと、唾液の量が減り舌苔が残りやすくなったり、虫歯や歯周病のリスクも上がります。
そして冬になれば、またコロナ再流行とも言われています。
夏のうちに歯医者に行って、歯のチェックやクリーニングをしておきましょう。

blog 目次

ページトップに戻る ページトップに戻る
救急対応可 電話番号は03-3591-4775
ネット予約はこちら